えつの音楽ブログ

ちまたに溢れる音楽を、移動ドとかコードとかの角度から見てみるブログです。

「ダンス!」ミュージックはニ短調

この記事のタイトルを読んで、下のように思った方もいることでしょう。

「ダンスミュージックってニ短調以外のもたくさんあるだろ、何言ってだコイツ」

はい、確かに、すべてのダンスミュージックがニ短調であるとは限りません。

ただ、以下の3曲を聞けば、私の言わんとしていることが何となく分かるのではないかと思います。

 ①Boogie Wonderland/アース・ウインド&ファイアー(1979年)

 

②Canned Heat/ジャミロクワイ(1999年)

 

③FANTASTIC BABY/BIGBANG(2012年)

 

これらの3曲に共通するもの、それは・・・

f:id:ike_etsu:20170612000713p:plain

↑これです。

3曲すべてにおいて、サビの頭が楽譜の通り「Dance!」なのです。

このような曲を今回勝手に「ダンス!」ミュージックと名付けました。

で、これらが偶然にもすべてニ短調というわけです。

互いに10年以上リリース時期が離れているのに、ここまで共通点が多いのも面白いなあと思います。

 

しかし、これが単なる偶然なのかというと、そうでもないのかもしれません。

②のCanned Heatの 歌詞には以下のフレーズがあります。

You know this boogie is for real.

あなたも知ってるでしょう、このブギこそが本物だってことを。

和訳は適当ですが、このboogieって①のBoogie Wonderlandを意識しているのではないでしょうか・・・?

とすると、Dance!という歌詞だったり、調だったりも敢えて同じものを使っているのかもしれないですね。

③については、①と②という既存の「ダンス!」ミュージックがある中で一歩間違えればn番煎じになりかねないところですが、この動画再生数を見るに、そんなことお構いなく世界中で人気を博しているようです。

 

次に生まれる「ダンス!」ミュージックも果たしてニ短調になるのでしょうか?乞うご期待!

 

古今東西調べたわけではないので、「ダンス!」ミュージックだけどニ短調じゃないものもあるかもしれません(予防線)。ご存知の方いらっしゃいましたらコメントお願いします